写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
御礼 祝、50册完売
 写真集ー『天界の道』ー祝の50册完売
先着ー申し込み50名様にプレゼント開始しましたが、
本日、高野山真言宗の、の魔尼宝塔からの買いや、
福岡市のギャラリーの買い等、個々の
皆様のお志で、プレゼント付き、50册完売致しました。
  発売前からの申し込み、有難うございました。
なお、2007年には、写真美術館での長期に渡る展示
会があります。
 2007年展示会開催記念のー祝プレゼントも数々用意
致します。御期待下さい。
[PR]
by Ynaggie | 2006-10-30 00:07 | 写真集
山折哲雄先生の文から。
山折哲雄先生の文から・・・
吉野の千本桜は千本卒塔婆だ、と聞いた事がある。桜の正体は卒塔婆と
言うのである。この、言葉は、ある答えが内在している『名言』と思う
のである。
 日本を代表する、吉野櫻、その開花の時期には夥しい人が巡ってくる、
人の洪水である、しかし、それでも多くの人を癒し続けられる、パワー
が櫻の山にある。吉野は、櫻が育ちにくい土壌であったと言う。
人はそれでも櫻を植え、枯れては又植え続けられ、ついには櫻の名所に
なった。
櫻が育ちや安い場所ではないが、櫻に対しての深い信仰があった。
国宝蔵王堂内の秘仏、蔵王権現は役の行者が桜の木から彫られたと言う。
 吉野では桜は、御神木となり、(神宿る木)多くの方々から、崇めら
れたのである。吉野山から、天川に向かう途中には300年性の桜の古
木が守られている。短い命の桜は100年が精一杯だ、ここ折立地区に
は神社に守られて今も尚健在である。
信仰と言うものは、すごいパワーだ。
しかし、吉野山の、桜吹雪きを見た事がありますか。
すごい、桜の山に一度風が吹くと、もう、2ー30Mの向こうから、白
い花びらの軍団が風ののり、やってくる、およそ、2ー3分の長い間、
谷からジワーと、花びらが、上がって来る、これは、日本のどこにも見
られない、この地の桜吹雪だ。まさに、生きている様だった。
  神が、空を渡つている様である。1昨年はそれに、見とれて写真に
はならなかった。今年は何とか、この『神の空渡り』を銀塩カメラで捕
えたい。
  デジタルカメラでは、写るかどうか、未定である。
                      『続』
[PR]
by Ynaggie | 2006-10-21 19:17 | Diary
千人灌頂会ー蔵王堂
<2006ー10ー21、22、23、24、28、29日
 吉野ー金峰山寺、蔵王堂で千人結縁潅頂が修される。
 国宝ー蔵王堂内で、日本最大の秘仏を御開帳して、その
 前で、仏と縁が結ばれる儀式で、本年は一般の方々も
 参加出来ます。(20、000円)
 申し込みはーhttp:www.kinpusen.or.jpです。
       fAX-0746-32-4563
この、時にも、神います風景作品集ー写真集『天界の道』が購入出来ます。
     FAX-0736-36-2267(撮影者ーサイン入り作品集の申し込み)
[PR]
by Ynaggie | 2006-10-19 08:06
出版記念プレゼント追加ー(開運の宝来)
 高野山独自の開運の宝来=サライ2005年8/5日号74ページに
 紹介。
 制作者が協賛で、吉祥宝来を(高野山独自の干支の切り絵)2006
 年版を
 50作品 を新刊『天界の道』申し込み者にプレゼント致します。
 先日、2006年カレンダー(大判)50名プレゼントを決めましたが、
 それに、加えてこの宝来を50名様にプレゼント。
 ですから、2006カレンダーと、この宝来と、2007年の吉が
 沢山頂けます。 送料は別です。これの完成が11月中頃ですので
 その頃に送ります。
 宝来やカレンダーは鉄で出来ていないので、そんなに重くないよー。(笑)
 送料別。
 この、宝来は手で創る為に、いくら頑張っても、数は限られています。
 制作者は機械がないかなー、とか弱音でいましたが、私は手で切って始
 めて伝統を守っているし、手で切る感じは永遠のものと、話しました。
 これも、制作者(取次ぎ、高野山ー真ん中の茶店の満帆さん(茶店経営や
 小物販売)です。高野山に登山されたら、是非立ち寄って下さい。
 電話ー0736ー56ー3669です。高野山のど真ん中ー千手院にあり
 ます。永坂のクリスタルプリントの大型作品が展示装飾されています。
 永坂の出世のー作品集『永遠の宇宙ー高野山』もこの近くの、数珠屋四郎
 兵(高野山のど真中)や、その前の観光協会や、10M, 離れた中本名玉堂
 等でも販売しています。
では、 またお知らせ致します。
 問い合わせー電話ー0736ー56ー3669(満帆まんぽまで)
 作品集はー  メールNo naggi@par.odn.ne.jp 
 
[PR]
by Ynaggie | 2006-10-17 06:47 | 写真集
新刊ー天界の道ー『特典』
 新刊ー天界の道ーいよいよ刊行
 平成元年に撮影を始めた、日本の霊山の、第一回目刊行。
 吉野と大峰を中心とし、日本の崇高な山々を撮影し、特に
 日本最大の秘仏を撮影、掲載できた、始めての作品集が刊行
 される。
 出版記念特典ーこのブログを見られた、『天界の道』2, 940円
 (送料別)購入者様には先着50名様に、
 2007年、永坂嘉光カレンダー(東方出版)1、200円を無
 料進呈。『先着50名』様です。
 お早い目にどうぞ、
 申し込みは、このブログか、メールnaggi@par.odn.ne.jpへどうぞ。
 これは、出版記念としての、皆様へ贈り物。 
 
[PR]
by Ynaggie | 2006-10-15 22:53 | Diary
日本写真印刷で、
10/410/5
京都四条中新道にある、日本で最高レベルの印刷技術を誇示する日写
私の作品集『天界の道』の最終入稿である、FMスクリーンの最高レ
ベルの印刷法で始められ、4日、5日は印刷場立ち会いで、いちいち印刷技
者が1ー2時間置きに輪転機をとめて、私と編集の大家が2名が待機する、
別室に持参する。4日朝から始まり、1ー2時間置きにチェックし、
再刷の指事といっても、普通の方ではわからないし、技術者も必死である、
なかなか言うのも苦しいが、その中で意志にわない者は、あわない、
2日のそのやりとりで、写真集は出版社によって、内容によって、
最終の印刷まで、細かくぜず、いい加減な写真集を出す出版社もあるが
 
 今回の作品集(小学館)は多くの方々の苦労が結実して出来上がった、
僕は是を絶対学生に見せ、現実の厳しさを見せてあげたかったので、
小学館を通じて、5名のゼミ生の立入りをお願いしたのである。
 OKされ、大変な厚遇を得たのである、実はここの最先端スタジオでチーフ
 橋本氏は写真学科のoBで、あったあー25年振りだーなつかしい、会えたー
 待っていてくれたのである。
 
[PR]
by Ynaggie | 2006-10-07 01:16 | 写真集


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧