写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
カテゴリ:写真技術伝授( 15 )
高野山の新風景の場所
私の代表作品とも言われている、高野山の雲海の作品はもう30
年前の高野山の風景である。
高野山から熊野へ向かうー轆轤峠(ろくろ峠)の雲海も私が撮影したが、
それ以来、何十年とー高野山のシンボル根本大塔が山並みの中で見える
風景が写らなかったが、素晴らしく良い場所を見渡せる
しかも根本大塔と、大門が見えるー
高根から高野山に入る街道近くです。
高野三山の魔仁山ーの峠を越えて高野山に入るが
その近くの高い山である。
NHKの方々、喜ぶと思いますが、そこに重いハイビジョンのカメラ運べない
かも知れない。
良い作品を私が写してからー場所を明かしましょう。
しかし、
関係者は知っているのですぐにわかるかもしれないが、良い作品を
撮れるのは神が味方する方のみです。
[PR]
by Ynaggie | 2010-12-22 22:26 | 写真技術伝授
秋風
今日は寒く秋風が強い日であった。
私は高野山伽藍の紅葉の撮影に向かう。
寒風が楓の葉をすり抜け、楓が揺れる、
観光客のわー寒い、寒いと言う声が聞こえて来る。
国宝不動堂の前に三脚を立て、5秒でf22で強い風を待った。
本当は1秒、10秒と表現の多様性を行いたいが、
デジタルなので、ままならない、NDがあれば、GOODであった。
国宝不動堂の屋根の苔の色と、楓の色が混じり合っている、
風が吹き揺れると、洋画の様になるのを想像して撮影、
中々いい風が来ない、強いのだが、向きが違う、、、と
思いながら、20枚撮影出来た。これが4X5のフィルムだったら
もう1万円はすっ飛んだー感じだが、デジタルで半額ですむ。/
夕方は堂塔の釣り灯籠の明かりが美しい、丁度堂塔にかかる黄色の
紅葉と同系色で色彩的に面白い、これは大型4x5で撮影したー
しかし、風はないー絵画的な表現は出来たのか?
堂塔は建物の矯正が必要だーデジタルでは出来ないー
4枚撮影した。フイルム現像は大阪梅田でも12月で終わりである。
東京まで送らなくてはならないーしかし、大阪でも送っていたから
時間は同じである。
デジタル撮影の結果、
まーいいのがあるか?70点です。
 今は、フランスに向けて新作を撮る動機にかられている。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-09 22:37 | 写真技術伝授
表現としての
先日の仏像の写真が出来た。しかし美しくあり、暗く有りで
表現としての作品として、自己評価は可である。
ライト(ストロボ光)を当てると、暗闇の仏像は浮かび上がる
斜めから当てると、ドラマチュクに写るーしかし、私は
地元、高野山ので撮影は、ろうそくや自然のあかりで
15分間ー撮影した空海像は柔らかい表情が表出されていた。
光を当てると、仏像のもつ柔和な感じはなくなる。
その点、今回の撮影はライトを使ったので、柔和さが
無い。いくらライトに拡散の紙を何枚つけても、駄目である
はるか遠くから、差し込む柔らかな僅かの光、これで
撮影する。仏は表情を出すはずである。
再撮影は自然光から始める。生きた仏の光を写す為に/
[PR]
by Ynaggie | 2009-06-01 21:41 | 写真技術伝授
大普賢岳登山
 今日は朝から息子が試合の為に朝6時に出発したので、
私も2年ぶりに,大峰奥駆道の難所,大普賢に向かった。
昨日から全然予定していなかったので,リックはなかった。
 通勤カバンに無理にカメラを押し込め、水だけにして
食べ物はいっさい無しで登山した。
以前、重装備で大雨の中登山し、撮影した折りとは
また違う、あの時は母92歳もなんとか生きていた、
昨年は奈良市写真美術館の大きな個展や、母の病いが重く
なり、亡くなって、撮影どころではなかった。
私の右肩が動かなくなったり,耳鳴りが始まったりでした。

 本日の2年ぶりの登山は晴れていて快調そのものでした。
しかし,2年のブランクは,岩と岩のはしごも、スムーズにいかなく
頂上まで行くのを止めようと振り返ったら、降りれない、絶壁の
鉄のはしごを降りれない、それで慣れる為に上へ上へ頂きまで
到着した。青空が広がる美しい大地が見渡せた。
テントがあればここで1泊したい場所であった。熊が恐いなー。
下りは、やはり,慣れたのか、なんとか下山した。
途中で水が無くなったが、役の行者の岩窟に、しみ出る水が貯まって
いた。
美しい水だ、天の助けだ、水ガあるから,役の行者もこの岩窟で
過ごせたのかと、わかった。
肩の動きもやや良くなったので無事の下山ー
計5時間かかりました。 
 日帰りの山登りは,よけいな食べ物はいらない、重いだけ、
私達は,カメラと言う鉄のかたまりを持つのでそれだけでOK
ただし、道に迷う事等あれば,懐中電灯は必要であるが、
これも、拡散光のものでないと、危ない、部分しかみえない
スポットライトは滑落する、ここで滑落すると熊も食べてくれない
程、急な谷に真っ逆さまです。
[PR]
by Ynaggie | 2008-10-19 22:04 | 写真技術伝授
露出計
今日は、4x5モノクロ撮影と現像の実習と卒業制作の搬入の
日であった。
 大学の側の池付近は、落葉の美が点在している。
落葉が宙に浮いているように見える場所が在る。
クモの巣に枯れ葉がかかっているのであった。
  私はポリの袋の中に入れられた落葉が、6袋程
積み上げられたいた所が大変気にいった。
ここをを写す様に言うと学生はすぐに4x5を構えて撮影した。
今日はASA400をASA200で撮影と、そのままASA400
での撮影をした、しかし4回生の卒業制作の搬入もあったり
忙しい日であった。
私も写したい程にいい場所であった。(必ずいい映像になる)
画面のコントラストが面白い表現効果を生み出す。
私達は既に、巨匠・エドワード・ウェストンの息子である
ブレッド・ウェストンの写真集を皆で見て来たばかり
であった。彼のイメージで撮影してみたと思うが、
肝心の、露出と現像の方法がどこまで到達出来るか
と思っていた。普通はゾーンシステムを考えるが、
まだ、露出と現像が個々に未分化の場合、とにかく経験して
その都度、必ずデータを記する事と、出来上がった
フィルムにデーターを記す、濃度計で濃度をみる。
これの繰り返しが、自然と自身に備わって来るのである。
露出とその現像のシステムを体得する事は基礎である。
私がいない時に4回生がゼミ室で習字をしていた。
もう最後であるから、自分達の書き残したい事を
墨書で沢山残していた。
[PR]
by Ynaggie | 2007-12-14 05:31 | 写真技術伝授
高野山紅葉
高野山の紅葉が抜群です。
これから、見ごろ、撮影に向いている天候です。
[PR]
by Ynaggie | 2007-10-26 00:54 | 写真技術伝授
写真教室
写真創作の基本
 同じ被写体を   光の方向を考えながら。
基本は5つの方向の光で見つめる。光の方向
     光の質 
    1         晴れの日
      2       雨の日
      3       豪雨の日
      4      風の日
     5−     雪の日。新雪、豪雪
   これは、つまり
    絵画で言う
   テレピン油の量によっての表現の違いをみる様でもある。
   また、顔料による違いか。かつて私は スリカンカの撮影で
  宝石を集めて砕いて絵の具にいれて独自の輝きを出そうとした
 事が あるが、写真の方が忙しく出来なかった。
   しかし、リキテックス画 油絵、日本画の絵の具、水墨絵、等、
  絵筆の跡は、一律
  に見えてくる。
  私の絵暦が浅いのも事実であるが、 
 写真は、全然違うのである。もっと、もっと変化する。
 が、カメラを使うので気がつかない方が多い。
ピント、ボケ、速度、等。
 今のデジタル写真は『表現』を狭くしている様な気がする。
(機械写真である、ロボット 写真だ)そうでもないよーと言われる
しかし、デジタルのいい作品が少ない。感動しないんだなー
 だれが、写しても到達点は似ているーその似ている作品が山となって
 あふれているから、 今までの銀塩写真が見なおされている。
 デジタルを扱っている方が、歴史ある写真作品を作る事が出来ていな

ので、ますますデジタル写真が狭い表現になっている。
 デジタルはーインクの印刷
 銀塩はー写真の色(乳剤)
まー、その差がわからない方は(不感症)仕方ないと、思う。
長生きの島ー沖縄の方々の寿命が短くなった。
 地元の良さに不感症であった、と考えるか?         
   地球も終わりかなー。 1000年後には地キゥウが危機という事も
 気がつかない。アジアのある国は環境規制がない。(中国他)

  しかし、IT革命と言っているが、まだまだこれからの
 デジタル化に期待している。今のは過程であって
 ITは完成していない/。未完成の混乱が起きているのだー。
[PR]
by Ynaggie | 2007-09-18 09:40 | 写真技術伝授
白川義員作品展
本日は梅田阪神百貨店8階の
世界百名瀑の白川氏のトークショーの模様をお伝えします。
まず、世界の滝で、日の出が見える所はここしかないー
と、言う白川先生の話が観客の頭越しに聞こえて来た。
 南アフリカのビクトリアの滝であった。
滝は多くには山中が多いが、滝から地平線が見えるのは少ない。
水の惑星、地球の創世記を思わせるずざましい風景だ、よくここまで
出かけ映像にされた忍耐に再び驚いた。
まさに、美しいだけでなく、神秘的で、地球の響きや、叫びが
木霊するのである。
全体のプリントを見ると、滝が白くなり過ぎてコントラストが強く、
今までの白川先生のプリントとは、違っていた。写真の照明が滝に
当たり、なお白くなるので、水の質感がでていない、プリントが数点
あった。
コニカが協力していたので多分、コンピューターのインクジェットの大きい
サイズ(銀塩では出来ない)かなーと思った。やはり、質が余りGOODとは
言えなかた。写真集はバッチリ出ていただけに、おしいと思った。
続いて解説に非常に興味深い事を聞いた。

 アフリカは貧乏なので、荷物持ちのポーターに、1万円程支払うと大喜び
と、思うでしょう、たしかにそうであるが、彼等はそれだけでない、
撮影者を殺害すれば、もっと大金が入るとわかっているので、荷物を持ち
ながら命を狙いに来る、そうする事によって大金を得られるからだー
だから、簡単にポーターを頼めないそうである。
また、へりのチャター代金を前払いすると、お金だけとって、ヘリはこな
かったりするので、氏はヘリが来てエンジンが廻されてから支払いをする事
が多かったと言う。
ヘリの詐欺に何度もあったとか。
 アフリカ以外の国に取材を申し込むと、(インド、ネパール、中国他)日本
と言うだけで以外に許可がおりる
氏は理由を聞くと、先進国で唯一、『武器を輸出していない国は日本だけです』
だから、我々は撮影許可をする、と言ったそうです。
 
 しかし、世界を何度も廻っていて、一番日本人がバカにされている。
日本人は意志を言わない、怒らないからだー
外国人にいやみを言われている場合でも、日本人は笑っている。
そんな場合怒らないとダメです。と氏は話していた。
 日本は武器を外国に売れば、と言う内容の法案があるらしいが、
 それを、決めると日本は良い所がなくなるーと氏は言っていた。 
 また、今の外務大臣は海外に行くと大使館から迎えが来て、
なにもしらない内に手厚く守られて帰国する。
国の事情を知らない大臣、今の政府は一体なんだー。と言われていた
が、私もその様に思う。
と言う訳でー 聞く方々を魅了する。お話が良かった。

最後に地球は後1000年持たないと学者は言い出している。
私は以前から地球が危ない事は知っていたが、学者がその様に言い出した
のは、事実が進んでいると..話された。
とにかく、すごい作品展でした。

そして、政治家にスポーツ新党がある。写真家でもし白川氏が
その気なら、立候補してほしく思った。
写真家は、戦争にしても、風景にしてもその実態を見つめて来た。
  戦争写真家は地雷を踏み消えていった。
多くの写真家は現実を見つめ、訴えて来た。 
しかし、写真家は経済的には、日本では恵まれない。

 スポーツ選手や芸能人は大金を貯え、そして政治家に
なったりしている日本。
どこか、歪んでいる。
教育現場も、有名な方をすぐに教授に迎える。 
 大学の基本姿勢−教育と研究はどこにいったのか/(これは全国的)
今の若い教育陣がひ弱でなのも、時代の流れとなるのか?
やる気のない、学生をあいてにするのも、苦しいなー。
時が、どんどん過ぎて行く。
北極の氷山はなくなる、と言うのに、アイドリングを続ける
バスの運チやん。2ー3年前に、バスに乗り込んでアイドリング
していたので、止めてくれと言った日々。
運ちゃん−すぐに止めてくれた。
日本だからである、これが海外であったら、パーンとピストルで殺される。
また、バスの アイドリングの臭いのなんのって、眼がいたくなる。
今度、見つけたら、おい、こらーと言うか。
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-12 23:57 | 写真技術伝授
国際ワークショプ
来る、7月11日、と12日には、カラー写真芸術の創始者、
エルンスト.ハ−スを偲んで、米国のハースゆかりの
写真家が、米国の一般写真愛好者を連れて(エルンストのファン)
日本中を撮影と作品批評会をする。高野山では、三宝院に宿泊
したので、その後を追い、11日の夜は写真合評会12日は撮影
等に費やす。
日本人参加者は無いが、希望があれば、また、考えます。(通訳付
は、永年ハースのアシスタントをした方です)
 高野山は、本日  5月10日で、石楠花、白藤、くまがい草が満開です。)
[PR]
by Ynaggie | 2007-05-10 23:23 | 写真技術伝授
写真の基礎
写真の基礎
デジタルカメラであろうと、マニアル、カメラであろうと、
多くの写真は、被写体が必要である。
被写体とは、写されるもの、
写されるものと、写すものとの関係が、写真の出来、不出来を
左右する。
写す方のー意識がどの程度であるのか、
写される、被写体の性質(物、者、人、自然)を、良く知る。
知る、織る、と、漢字で、その意味合いの段階を現わしているが
被写体をどの様に認識しているかが、問題である。
どこまで、深みにはまるか。
または、通りすがりの認識にとどめるかはー
 自由だー。と今はやりのコントがつい出てしまうが、
 今の写真表現の流れからして、自由だーの方が多いですね。
何も、被写体の本質をさぐって、長い間の撮影で本質を見る
その様な時間がとれない方が多い(現代人)。
また、現代人の評論家は、現代人の表現に大いに賛同していて
多くの現代作家が誕生している。
しかし、それも写真の原点をついているかも知れない。
粒子の荒れた、ざらざらした、写真を見ても嫌悪感が漂うだけである。
しかし、それが、今までの表現を破った新しい表現として賛美された
時代もあった。しかし、その写真に心は癒されない。
そんな表現するなら、画でも描いている方がいいのでは、ないか。
写真は被写体の本質を見極めるのが、写真の醍醐味であると思う。
いい加減な写真表現とおもいきや、コンセプトをつけられては、
文句が言えない。その様なかたは、小説家になればいいのでは、
小説が書けないから、表現分野が未開発の写真の分野に入り
その中でコンセプトの『漬け物』の中で、ひたり切っていて、
おれは、偉いと鼻ヒゲをはやしている、自己堅持欲の強い
巨匠。アンセル、アダムス?もう、それは古い、と軽々言ってしまう
じゃーお前さん、一体何を創ったのか?何も出来ていない。
じゃー文句言うなよー。と思うのである。
世の中、意見を強く言う方は、筋も通っていて、認めるが、
その、筋の通った、理論はだれかの書いた本で作り上げた
筋の方が多い。その方の言い分が正しいか、正しいくないかは
2ー3年しないと、分からない場合が多い。
だから、真実がネジ曲がる社会ができるのだー。

さんざんの悪口をたたいたが、実は
写真表現は多岐に渡っている、小説では表現できない表現が
写真には、できる。ZOOM1月2月号に掲載されている、北島
氏の写真である。同じ、分野の人を重ねて写す。
山伏、医者、看護婦、その他、10名以上の方を重ねて写すと
そこには、鼻筋、顔だちが、共通するかたちが残っていて、
それぞれの仕事の分野で働く共通の顔の相が認識できるーこれは
写真にしかできない、表現である。
だからー写真の表現はこれからいろんな分野が出て来て面白いし、
芸術として更に欧米並みに認められてくると思うのである。
[PR]
by Ynaggie | 2007-03-20 05:03 | 写真技術伝授


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧