写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
カテゴリ:高野山( 7 )
大雨
大雨が続く、姫シャガが雨に濡れ美しい、花が水を得てその命のパワーを
発散している。
雨は葉の上で玉になり、輝きをまして、宝石の様である。
仏心が露となり、汚れを洗い流しているかの様な雨である。
私は美しい作品を想像して、4000万画素で撮影した。
出来上がりが楽しみである。
[PR]
by Ynaggie | 2011-06-03 01:31 | 高野山
秋風
最近、写真フイルムが少なくなって来いる、デジタルで撮影した方が
速く安価と言う事が主な要因で、急速にデジタル使用者が
進んでいるが。ペンタックス645Dのカメラも4、000万画素を
発売している、テストで撮影したが広告などには超便利です。
しかし、4、000万画素のテストの結果では、まだ、フイルムの
方がいいだろうーの結果とした。
デジタル撮影には機材も知識も人も少なくて済む、それなりの結果は出る
色再現は抜群に便利である。
しかし、一度フイルムに慣れてしまった私達は、その表現が日常の
ものとなっているので、やはり、フィルムの再現がすごくいいと
思うー
  もうカラー現像所の作業員もいなくなるし、将来が心配である。
  
  写真の最終段階の表現について考えるならば、フィルム(銀塩)
  でもーまだまだ使うべきであると思う。
 なぜならば、デジタルは最終プリント場合は(印刷は別)プリンター
 が、だれでも同じプリントの(インクの色)色合い、コントラスト
 で、それに飽きが来たー段階であります。
  いくらプリントしても、しまらないープリントしか出ない。
  街のお店で販売している、プリンター用の印画ーの紙は
  だれでも同じで、色の出ないプリントである。
  プリンター機械が安いのは値段で見ると、いいと思うが
  カメラが良くて(100万)プリンターが3−4万であれば
  5万円ののカメラで撮影したものとー同じ結果であると思う。

  
 
[PR]
by Ynaggie | 2010-10-08 06:25 | 高野山
散リ染め
21日は散る染め桜を撮れた。
散った桜の花びらが、吹きだまりにたまっていrて、
桜花がひとたび風にふかれ、る
[PR]
by Ynaggie | 2009-04-21 22:52 | 高野山
日本最古の弁財天、天河
今日は吉野の山奥、日本最古の天川弁財天に行きました。
先祖から宮司であったと言う、柿坂氏が今日はお
られるので、天川の写真集,他の出版について、簡単に
話す時間をいただいた。(世界遺産登録5周年が本年)
天川は天の川(あまの川)(星座)の反映。地球の天の川です。
磁場が狂う場所があったり、不思議である。
その昔大海人皇子が兄の天智天皇から、逃避しここで身を潜め、
王位の挽回を願うのである。そして都へ出て,
天武天皇となったのである。
後醍醐天皇もここで隠住したり、南朝の方々の住処でもあった。
そんな事で、天皇が残した言葉と神秘的な写真で構成したら
と、言うとそれはいい。それはいい、宮司さんは頷いてくれた。
とにかくここは水が美しい。世界からアーティストがやって来る。
天川温泉もある。しかし。神事が無い時の「冬は本当に寂しい場所である。
帰りがけに,お酒は持って帰りませんか?と言われた、
宮司さんは,神酒之佑と言う名を持つ、神とお酒は密接な関係である。
残念ながら今は胃腸が良くないので,次回にしました。
[PR]
by Ynaggie | 2009-01-19 20:29 | 高野山
永坂作品群。分類、種別
永坂作品、分類
1−高野山の四季ー
2−高野山の行事
3−高野山の建物、
4−高野山の秘仏
 米国、日本クラブギャラリー。米老舗、weston,galleryで
3度に渡る個展開催。zoom等国際版に掲載される。
 和歌山県立ー近代美術館で大作での個展開催。
吉野、大峰
 1−吉野山の四季
 2−吉野の行事
 3−吉野の仏像
  熊野
 1−  熊野道
 2− 熊野本宮の八咫烏神事
 3− 夜の那智の大滝
 4− 那智の陰陽の滝
  5^その他、行事の数々
    等、多数
日本の霊山
   青森から、九州までの日本の霊山を撮影
    以上の事柄で
   2007年度 社団法人ー日本写真協会『作家賞』受賞
   『奈良市写真美術館ー堂々とー大個展開催』

空海の軌跡ー15万キロ(撮影距離)
    日本と中国の全ての空海の足跡を撮影
2004年ー 日本写真芸術学会『芸術賞』受賞の一因
      理由となる。『全国有名デパート縦走作品展開催
 ヒマラヤ山麓の密教の実態
      特に,ブータンの密教絵画は貴重な資料となっている。
   ―未発表
スリランカー大乗仏教の国として
      10回に渡り,撮影取材ーー未発表(原板3000作以上)
[PR]
by Ynaggie | 2009-01-06 11:29 | 高野山
晩秋の高野山の美
高野山はもう晩秋である、
丁度、紅葉の盛りの日々に私の大学で
連続に水、木、金、土、日、月、水と
連続に通学、通信の学生の授業や学生の
日中展に 皇室の高あまどの宮殿下が来場するので
担当教員迎える事となった。殿下は学生ひとり
ひとりに作品について、質問やいい作品ですねーとか、
1−2分応対された、
 学生と個々に話される 殿下のこの仕事も大変だなーと思った。
しかし、それらが終わって高野山の紅葉はすでに赤くなり、散々と
散っていた、大判で100枚は撮影できたのに、と残念、しかし。30枚
は、撮影出来た。夕刻の灯籠と赤い紅葉を撮影したーまーまーな
作品であった。しかし傑作ではない。

最近寒くなったので、真っ赤な紅葉と雪の出会いを
狙っている。ここ2−3週間かなーと思う。
しかし、母が亡くなってなんとなく、侘しい。寒さがこみ上げてくる。
大学も学生数減少で侘しい。
高野山小学の卒の100周年同窓会があったが、今の小学生は99名
昔は500名在籍していた小学生が今は99名とは侘しい限りである。
一度ー東京にでも、米でも、仏でもいって見たい、11/21にNY で
顔役であった、藤松さんが来日する。NYのエネルギーを頂きに
あいに行くつもりである。
[PR]
by Ynaggie | 2007-11-20 22:41 | 高野山
インド
インド建国66周年
核兵器保有ー米国に認めさせた国、巧みな交渉
好景気、
[PR]
by Ynaggie | 2007-01-30 22:18 | 高野山


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧