写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
日本最古の弁財天、天河
今日は吉野の山奥、日本最古の天川弁財天に行きました。
先祖から宮司であったと言う、柿坂氏が今日はお
られるので、天川の写真集,他の出版について、簡単に
話す時間をいただいた。(世界遺産登録5周年が本年)
天川は天の川(あまの川)(星座)の反映。地球の天の川です。
磁場が狂う場所があったり、不思議である。
その昔大海人皇子が兄の天智天皇から、逃避しここで身を潜め、
王位の挽回を願うのである。そして都へ出て,
天武天皇となったのである。
後醍醐天皇もここで隠住したり、南朝の方々の住処でもあった。
そんな事で、天皇が残した言葉と神秘的な写真で構成したら
と、言うとそれはいい。それはいい、宮司さんは頷いてくれた。
とにかくここは水が美しい。世界からアーティストがやって来る。
天川温泉もある。しかし。神事が無い時の「冬は本当に寂しい場所である。
帰りがけに,お酒は持って帰りませんか?と言われた、
宮司さんは,神酒之佑と言う名を持つ、神とお酒は密接な関係である。
残念ながら今は胃腸が良くないので,次回にしました。
[PR]
by Ynaggie | 2009-01-19 20:29 | 高野山
<< 大雪が溶解 丹生都比売神社、直会 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧