写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
入江泰吉氏
今日は奈良市写真美術館で講演会とトークショーがあった。
藤田光寛先生の曼荼羅と高野山であった。多くの方々で椅子が
なくなる程であった。

その前になんばで開催の大阪芸大の展示会のテープカットがあった
少ない時間を縫って参加したが、ほとんど大学の事務関係の方々の
出勤で各学科の代表は少ない、写真学科代表も来場されていた。
私は直ぐに、奈良に向かった、東京、和歌山市、高石、大阪、奈良と
高野山、と又多くの方々が来られていた。もう展示会の度に必ず来て
くれる方々や、昨年卒業したoBの方々。
入江先生について、学芸員さんの話。
菊池寛賞を入江先生が受賞するまでは、写真フイムル代金等 取材費はひと月
に500万円使っていた。受賞してからそれらの写真が売れて奈良の長者番付の
10位以内に入った事もある。1年間で1億円の写真貸し出し料金があった。
しかし、それまで1年間すごい写真代金で大変であったと言う。
これは今、東京で作品展を開催している、白川氏の作品集を 編集された方がいて、
白川氏の取材 (撮影費2ー3億円) についての話からその話になった。
当時私も白川氏の影響で空海の軌跡を写真映像で残す事の希望を持った。
お金は無銭。絶対豪華版が出来ると願い、農協から300万円を借りたのだ。
高野山の暮らし。往復4時間かけての大学勤務を続けた。学生の励ましと
芸大給料常勤で、当時11万3、785円 の 給料でなんとか凌いだ。
それで農協に返済しながらの撮影研究活動であった。今はなき佐和隆研氏の名著が
撮影の手掛かりであった。
5年後それが実った。豪華版が刊行されて印税で借り金は返した。
しかし、家族は貧乏のどん底であった。 同じ屋根で住んでいた若い甥御が事故で
亡くなった。
[PR]
by Ynaggie | 2007-08-03 22:35 | Diary
<< 日本写真芸術学会関西シンポジウム ニコンのウェブギャラリー >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧