写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
3月12日、高野山 法印転衣式
高野山で、1年の間、弘法大師の身替わりとしての、代役を勤める
儀式がある。法印転衣式といい、1000年以上まえからの、法灯
を告ぐ。本年はつい前の高野山真言宗宗務総長、総本山金剛峰執行長
土川正道(はぶかわしょうどう)猊下(げいか)である。
私の若い折から撮影等 お世話になり、
特にイタリア、リミニィ世界平和ミーティング、私の写真展を開催
(30万人参加、来場者は10万人と言われている)していただいた
のをついこの間と思い出す事もありました。
その後は、高野山に西欧の方々が良く来山する様になった感じである。
今は、高野山には海外の方々がかなり多く、高野山で、私の写真集の
多くは海外の方の間で人気である。(それで英字を入れている)
土生川正道猊下は、高野山世界遺産登録にも中心に尽力された方で
3月12はお呼びがかかり、式典に参加致します。
式典は、金剛峰寺大広間に、山内の住職が左右に正座し、普段と違う
装丁。全国から3000名以上の方々が、お祝に来山、地元の方も
300名以上は参加し(この時のお昼御飯が美味しいー飲んだリ、食
ったり)毎年ーこの式典はあります。
人数を集める、競い合いや、お昼の食事がどの様なものが、出るか
それで、威力を量るから、この式典を迎える法印さんはー大変である。
我々、大学教授は、本をたくさん出版していればーおのずと学生も増し
なんとかなるが、法印さんは、政治力を見せないと、ダメだなーと、
大変と思います。1年の間、法印を勤めると、前管様になり、管長位へと
すすむのである。
 この日は、高野山に春が来た感じと、床の冷たさ、金剛峰寺の台所の
  湯気がなんとなく、気持ちがいい。空気が清々している。
  大きなー 台所の廊下が光り、そこにうつる僧影がなんとも言えない。
   
 
[PR]
by Ynaggie | 2007-02-11 10:59
<< 釈迦涅槃会(常楽会)14、15日 新教授 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧