写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
祈り燃ゆる空海ー像完成

 祈り燃ゆる空海ー大型作品完成
1月前に、蝋燭のあかりと、僅かな自然光で、撮影した
写真が作品となって、完成。1000ミリX900ミリの
大画面は凄い迫力でその写真をみる人を惹き付けた。と思う。
実際の尊像は、やさしく優和な表情だが、
写真は蝋燭の明かりが、赤くなり凄い写真となった
住職はもとより、小池満秀氏が賞賛(東大の竹内信夫氏の
弟子、密教研究家、)今日は東京からはるばる、その作品を
観に来てくれた、(東京組は、有名誌サライの編集チーフ
と書家)15分露光?です。
まだ、この写真は門外不出ですと、御住職が語られた。
撮影の折、暗くて露出計が反応しない。今までの経験と
山勘と神だよりで撮影したが、物の見事に描写されていた。
吉野、大峰ーの本で、絶対秘仏蔵王大権現の折も、暗くて
神だのみの撮影であったが、カチット描写されていた。
写真は化学反応であるが、気力も通じると、思ったのである。
中国で体験した、念写を思いました。
( 気をいれるだけで、ポラロイド写真に勝手に映像が映る。
化学反応がなければ、映らないが、気で化学反応が起る事実
を観たのである。)
それについては、いずれ詳しく報告します。
完成した、空海像はー祈り燃ゆる空海像と、名付けられる。
追伸ー
京都の中山君はとても、元気でした。
[PR]
by Ynaggie | 2006-12-26 22:22 | Diary
<< 天川、大払い、高野山竜光松明、... 祈り燃ゆる空海ー像完成 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧