写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
イタリア生まれの 芸術雑誌
イタリア生まれの、アート誌 で 世界発信 2007年1、2月号
芸術作品を扱う世界各国版を出している、大変著名な雑誌ZOOM(イタリア)
に、YOSHIMITSU NAGASAKAの作品として、7ページ掲載決定。
 つまり、撮影地、アフリカ.ヒマラヤ.高野山.その土地名が主体の雑誌
 (ナショナル.ジオグラフィク誌)の内容とは異質で、作家主体にすすめ
て いる、世界各国で販売されている、 著名な芸術誌です。
 やはり、米.英.露.伊.独.等で販売されていて、日本では芸術が売れ
ないのか、伝統がないのか、日本版の数は少ない。 
アート雑誌なので、作家名が先に来ます。(YOSHIMITSU NAGASAKA)
しかし、芸大OBの所幸則氏(彼は私が始めて講師になった時の学生)は、
当時としては、独自のコンピュターでの合成技法を日本で始めて創造され。
日本の若手代表で何度も国際展に出品している。そして、このZOOM誌の
表紙を飾った先人であった。
彼は東京での仕事を発信基地に。私は紀伊の山奥の高野山と、畑の広が
る、農家があり、肥やしの臭い漂う環境が懐かしい。大阪芸大であった。
しかし、緑あふれる大学は、自由な雰囲気の中で数々の名作家を生み出し
ている。 私は発信基地が悪かった。それで、撮影は出来たが、発信は
15年遅れた それで人生の賭けに出た。 NYでの個展開催。等始めて
西海岸へ行き、作品展。 発信が田舎から、米国になった(非常にシビア
な世界)今回のZOOMの発信はウェストン、ギャラリー(米国)さすが、Wギャラ
イーは強力である。
 
[PR]
by Ynaggie | 2006-12-06 10:07 | Diary
<< 心地よいー(芸術品と共に) 加持祈祷 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧