写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
天界の道、
今日は4日ぶりに、高野山に帰った。
大学がはじまり、また激務がはじまる、その準備で帰れなかった。
肉体労働というより、職場での人間関係に気が擦れー胃を悪くする。
大学は生き残りをかけて、各々喘いでいる、芸大写真学科は残念ながら
昨年まで減少を続けた。もう下げ止まりであろう。
今の若い方は多くは映像をみて育った関係で、視角芸には興味がある
はずである(初代岩宮武ニは写真の世界で数々の名誉な賞を受賞し、カリスマ
が、あったから、写真学科の立ち上げには成功している)
しかし、現代は若い方が少ないのである。芸術で食べて行けるか、と言う所を
決めると(十分に食べていける)を、さらに写真学科も含めて人気が増すでしょう。
本日は、四国阿波大龍岳で45日以上、断食、座禅行を修し、白い神の光を感得した
全隆大師に、『天界の道』の作品集の第一刷を見てもらった、すごい光とほめていただき、また、蔵王権現がうまくとれて有り難い、本が小ぶりなのは、残念と言われ
ましたが、太鼓判を頂きました。
[PR]
by Ynaggie | 2006-09-16 22:09 | Diary
<< 臓器移植支援お願い 樹木 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧