写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
空海の歩いた道 残された言葉と風景
a0056025_10551054.jpg空海の歩いた道
残された言葉と風景


空海の足跡を、残された言葉とゆかりの風景写真で綴る写文集。高野山に生まれ育った永坂嘉光の詩情豊かな写真と、密教学の第一人者頼富本宏のわかりやすい解説によって、人間空海のイメージが現代に鮮やかに甦る。
弘法大師空海が入唐してから1200年。日本史上でも巨大な存在としてそびえ立つ空海に対する関心も一層高まっています。本書は、時空を超えて語りかける空海の言葉に耳を傾け、その生涯の舞台をカメラで追う写文集。高野山を始め仏教の世界を写し出してきた写真家・永坂嘉光が、四国、中国の古寺、高野山と空海ゆかりの地を巡った作品63点。密教研究の第一人者・頼富本宏が、生涯を通じて残した空海の言葉40を軸にわかりやすく解説を書き下ろしました。現代に生きる私たちに、人間空海が新たな魅力をもって鮮やかに甦る1冊です。
[PR]
by Ynaggie | 2005-11-15 10:56 | 写真集
<< 空海の道 トンボの本 永遠の宇宙 高野山 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧