写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
チバカラープリント展示
今日は約10年前に無くなった、チバカラーのプリントの
展示をした。凄い色です-永久に色彩は変わりません。
それにかわり、富士のクリスタルを使用していました。
が、このクリスタルも本年で製造中止。
りバーサルフイルムからのプリントは支持体が紙のRPプリントが
製造しています、が、後2年で製造中止に成る予定。
そうなると、デジタルデーターからのプリントだけに成ります。
フイルム原板の場合は、スキャンしてデーターにしてプリントします。
リバーサルからのプリントもデーター化すればプリント出来ます。
 が、
私は、原板を引き延ばし機にかけて、レンズを通した光でプリント
した方が、画像と画像の境界が、ギザギザにならないのです。
トーンが素晴らしくあるのです。
デジタルは境界と境界が四角の粒子がギザギザ、オンパレードです。
こんなのすきな方はー臭いインクのデジタルプリントでやればー言いと思うー
不感症なのだー安いから背に腹は代えられないですか?
そして、写真の価値を変質な方へ持っていって下さい。
 私はーそんな事はできません。
[PR]
by Ynaggie | 2011-12-15 00:07
<< スリランカのランカーナ 弁財天 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧