写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
護摩の炎の撮影で見えた
南国で、護摩を撮影。
護摩を写しても30年か?と思うと
いま、わかった事があるー。
 炎は色々ある。炎の中に生き物がいる。
1−火事の炎
2−野焼きの炎
3−祈りの炎
4−炎の様な紅い夕日ー落陽ー
3ーの炎について、
  物が燃える時に炎が出るーあたり前と思う
  しかし、護摩は次から次へと、護摩の木が投げられー
  どんどん、燃えてゆく、だからー古い炎と新しい炎が
  交錯するーその炎と炎とのぶつかり合いがあるーとわかった。
  これから、もゆる護摩木
     中程まで燃えた護摩木
     ほとんど燃えた護摩木
  これらが、何百本となく、ひとつ、ひとつ燃え方が違う
  だから、炎の数々のぶつかり合いがあるー
  一本ではないのである。ロウソクなら一本の炎であるが
  護摩は実に多数の炎が出来るのです。  
  炎が生きているのがわかるのである。
  当然生があるから、湯を沸かす事が出来る。
  そして炎は消えてゆくのである。
  護摩で^炎が龍に見えたり、
  鳥に見えたり、するのである。最後のエネルギーである。
  (太陽が燃え尽きたらどうなるのでしょうか?)
  と、わかったー写真でそれを写し取る方法もわかった。
  簡単であった。
[PR]
by Ynaggie | 2010-11-17 22:21 | Diary
<< 卒業制作と人間性 大学、卒制 >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧