写真家 永坂嘉光       大阪芸術大学教授
by Ynaggie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1948年、和歌山県高野山生れ。大阪芸術大学芸術学部卒業。1970年頃から故郷高野山をライフワークに撮影をはじめ、宗教と文化をテーマに日本各地やインド、ブータン、スリランカなどアジア各国を取材する。現在、大阪芸術大学写真学科教授。主な写真集に『高野山』(毎日新聞社、1980)、『弘法大師の足跡』(同朋舎、1984)、『高野山千年』(ぎょうせい、1989)、『永遠の宇宙 高野山』(小学館、2001)などがあり、とんぼの本シリーズにも『巡礼高野山』(1990)がある。2002年、東京写真文化館で個展「永遠の宇宙」、同年、アメリカ、ウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」を開催。2004年、日本写真芸術学会芸術賞受賞。2007年、社団法人日本写真協会作家賞受賞。
検索
遺産登録のヒーロー後藤太栄元町長お通夜
今日は朝から晴れたり、曇ったり、雨模様であったり、
とにかく高野山の山奥で山仕事をしなければーと
 雨だから行くな行くな、家中でうるさかったが、
どうしても行きたかった。高野山のまた奥の
山に入るや否や、ナタを取り出したら、刀の様に
つかが無いから手を、すばーって切った。何とかタオルで手を
巻いて、高野の町の薬屋までたどりつき血止めのテープを買った。
すると、高野山の家にカレンダー2011が幾冊か
届いていた。山仕事は止めて山内にカレンダーを配る事にした
はちようーで元町長が亡くなったと聞いた、皆さん呆然としていた、
世界遺産登録に相当前から尽力されていた。その苦労が
あったのかもしれないが、(57歳?)余りにも速すぎる
死である。写真を理解されて私の写真展は15年前から東京で
あっても、奈良であってもいつも来て頂いた、文化に理解ある
方であった。この度のご逝去は本当に残念で悲しい。
10年頃前は、世界遺産にする為に、豪華な本をフランス向けに創
られる折も昨年末の私の功労賞受賞式典の折も参列頂き、アッシジ
との交流と展示会、撮影について話されたばかりである。
お通夜には、寺院の前庭はもとより、表の広い道が車で一杯になる程
参列者は多かった若くして旅立たれたがその功績は高野山を世界文化
遺産に導いた大きな功績は永遠に残るだろう。
[PR]
by Ynaggie | 2010-10-27 00:03 | Diary
<< 大風 西海岸の売り上げ >>


ライフログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧